特徴

リスク管理の重要性

FXをするにあたって重要なことが、リスク管理です。
FXで失敗しないためには、どれくらいリスク管理を徹底しておこなうかがカギといっても過言ではありません。
リスク管理ができずに大損する人、一度は成功したものの失敗してしまう人がたくさん存在しています。

FXをこれから始める人は、まずFXのリスクとFXのリスク管理を知るようにしましょう。
FX業者では損失を大きくしないための対策がなされています。
そのひとつがマージンコールです。

マージンコールは、証拠金から一定の割合で損失が出た場合に、FX業者がメッセージを送ってくれるものです。
このマージンコールが出たら、証拠金を追加するか、ポジションを閉じるかどちらか選択しなければなりません。
証拠金を追加することを追証(おいしょう)と言います。

ここで追証を繰り返し、損失を大きくしてしまう人が後を絶ちません。
損を大きくしないためには、追証は避けるべきです。
マージンコールを無視してそのまま何もしないでいると強制決済されてしまいます。

この強制決済がロスカットです。
ロスカットは自分の意思に関係なく強制的に決済されてしまうもので、レバレッジを高く設定していると、それだけ発動されてしまう確率が高くなります。
リスクを小さくするために発動されるロスカットですが、できる限りロスカットが発動されないようにすることが大切です。
自分の意思で決済する金額を設定するのがストップロスオーダー。

損失が小さくなるように設定するため、ロスカットがかかることはほとんどありません。
いきなり決済されるといったことがなく、思い通りの取引ができる点からも、ストップロスオーダーをしておくほうがいいでしょう。
マージンコールはすべてのFX業者にあるリスク対策ではありませんが、ロスカットはほぼすべてのFX業者に用意されています。
ロスカットのルールは、各FX業者によって違っていますから、証拠金がどれくらい下回ったら発動されるのかを必ずチェックしておきましょう。

Copyright(C) 2013 取り引きを有利に行うために必要な事 All Rights Reserved.