特徴

FXのレバレッジ

FXの特徴のひとつがレバレッジです。
このレバレッジがあるおかげで、証拠金以上の取引が可能となります。
5倍、10倍といったレバレッジを使うことによって、証拠金が10万円であれば50万円、100万円の取引が可能ということになります。

以前であれば、かなり大きなレバレッジを使うことができましたが、法律が改正されたことによって、FX業者で使えるレバレッジは一律に25倍までと定められています。
レバレッジを使うとそれだけハイリターンが望めますが、ハイリスクでもあります。
余裕がないと、資産がマイナスになってしまうことにつながりますから、レバレッジを大きくしないことが、損をしない秘訣ということです。

法律が改正される前であれば、レバレッジを比較して、FX業者を選ぶことができました。
ですが、一律に25倍までと決められている現在では、レバレッジで業者を選ぶということはあまり意味がありません。
レバレッジをどれだけかけるかは、個人投資家が自由に決めることができますが、あまり無理をして大きくしないことが大切です。

レバレッジは、FXにおけるリスク管理のひとつと言えるでしょう。
レバレッジを大きくすればハイリスクですから、レバレッジを大きくしすぎないことによって、ローリスクでの取引ができます。
レバレッジを25倍にしたからと言って必ず儲かるというわけではありません。

リスク管理、資金管理が徹底してできなければ失敗します。
逆にレバレッジを低くしても十分利益を出すことが可能です。
高レバレッジにすれば儲かるという観念は持たないようにしましょう。

レバレッジと併せて知っておきたいことは、各業者の取引単位です。
10000通貨単位で取引するとされているFX業者がほとんどですが、なかには1000通貨単位で取引できるFX業者も登場しています。
レバレッジが同じでも、10000通貨と1000通貨では、利益と損失の額が大きく異なります。

取引通貨単位を少なくして高レバレッジで勝負する。
反対に取引通貨単位を大きくして低レバレッジで勝負する。
取引通貨単位を小さくして、レバレッジも低くする。
FXでは、どんな取引にするのか、自由に決めることができます。

Copyright(C) 2013 取り引きを有利に行うために必要な事 All Rights Reserved.