特徴

FXの特徴

FXにはどんな特徴があるのでしょうか?
外貨預金は銀行しか取り扱うことができませんが、FXなら、FX業者や証券会社でも取り扱っているため、個人投資家でも取引しやすくなりました。
そして、外貨預金では買いの取引しかできませんが、FXであれば売りも買いもどちらの取引もできます。

取引時間も異なり、外貨預金が銀行の営業時間でしかできないのに対して、FXなら土日以外の24時間好きなときに取引できます。
これは大きなメリットです。
そして、メジャー通貨だけではなく、マイナー通貨での取引が可能なこともメリットでしょう。

取り扱い通貨ペアの数が多いFX業者であれば、マイナー通貨での取引ができます。
レバレッジがあるのも、FXの魅力ですね。
レバレッジがあることで、FXであれば外貨預金以上に大きく儲けることが可能となっています。

FXのレバレッジは最大25倍まで。
証拠金に応じてレバレッジをかけることで、大きく儲けることができます。
ただし、レバレッジは利益だけではなく、損失も大きくしてしまう危険性が高いものですから、取引するときには欲張りすぎないことが大切です。

FXの注文方法は、指値注文、逆指値注文、成行注文、OCO注文、IFO注文、IFD注文、ストリーミング注文、トレール注文と多彩です。
リスク管理として、信託保全やロスカット、マージンコールといったシステムもあり、取引手数料が安いのも、FXの特徴です。
ほとんどのFX業者は無料となっていますから、手数料にこだわることなく、好きなだけ取引できます。

外貨預金では、解約するときか満期にならないと金利を受け取ることができませんが、FXであれば、毎日スワップ金利を受け取ることができ、中長期の取引をする人であれば、かなりメリットが大きなもの。
好きなときに好きなだけ取引することができますから、ライフスタイルに合わせてFXができます。
FXをするときには、取引する時間帯や取引スタイル、自分のルールを決めるようにしましょう。
取引する時間帯によって、儲けを大きくできる通貨ペアが違ってきます。
取引スタイルが違っても、通貨ペア次第で儲けることができますから、情報収集を徹底して、自分にぴったりのFXを楽しみましょう。

Copyright(C) 2013 取り引きを有利に行うために必要な事 All Rights Reserved.